株式会社陣内工業所

VISION

私たちがめざすもの

お客様のためを、お客様に代わって
考える存在でありたい。

代表取締役社長 陣内 洋明

自動車関連メーカーのお客様と直接お取引いただく中で、最適なインフラ環境のご提案から設計・施工・メンテナンスまでの一貫体制を築いてきた当社。さらなる価値を提供するため「建築設備工事のワンストップサービス」をめざし、現在では建築インフラの3本柱である給排水配管・空調・電気を一括して手がける「総合設備工事企業」となりました。

そして次の目標が、提案力の強化です。特に近年、トヨタグループ様では工場のIoT化やさらなる安全性向上といった大きな流れの中、「環境負荷低減」や「働く人にやさしい作業環境の実現」が課題となり、設備に対する期待も高まっています。

では大手企業とは異なり、中小企業である当社がご提案できることは何か?それはつまるところ、お客様に密着した存在として、お客様に代わって考えることができる「人」の質、すなわち対応力の品質であると考えます。それを具現化したものの一つが「インフラ “KAIZEN” 技術展」の開催です。これは絶えず発表される新しい設備技術の中から、当社のお客様にとって本当に導入メリットがあるものを厳選してご紹介する集大成の場。営業を中心としたスタッフが、日頃収集したお客様の声をもとに、ご提案する意義があると判断した技術だけを集めています。毎年多数の方にご来場いただき、具体的な導入のご検討も増えています。

私たちがめざす姿は、要求通りの工事をするだけの設備工事会社ではなく、「お客様のために、お客様に代わって考える」存在。お客様の気づかないところまで考え抜き、「よくそこまで!」という驚きと感動を提供できる、独自の存在感を持ったインフラ構築・保全のパートナーであるために、今後も努力を続けてまいります。